私書箱をレンタルしてビジネスに活用しよう

私書箱とは一体

私書箱とは

様々なものが簡単に借りることが可能な現代では、レンタルというビジネスが一般的になりつつあり、レンタル可能なものも幅広く存在します。
多くの方が知っている、実際に利用したことがあるものの1つにビデオやDVDといった記録媒体のレンタルが挙げられます。
レンタルは購入するまでではないけれど、短期的に必要な場合に非常に便利な制度です。
あまり一般的では無いですが、レンタル可能なものに私書箱というものがあります。
私書箱とは簡単に説明すると、別の場所にあるポストを利用できるサービスで、指定した住所に届けられては困るという場合に使用されます。
主に日々沢山の量のハガキや郵便物が届けられる場合に使用され、放送局や通販買者、懸賞などの宛先として利用されます。
私書箱を利用するには一定の基準があり、多くの場合毎日一通以上の郵便物が届けられる条件があります。
そのため個人で使われることあまり無く、法人やビジネスとして利用されるケースが多いです。
条件によっては長期間家を留守にする場合に、指定期間だけ私書箱に届けてもらうような使い方もあります。
またグループなどで複数人で1つの宛先を共有したい場合にも活用出来ます。

私書箱に郵便物が届けられると、メールやFAX、電話などでその旨が伝えられます。そのため直接見ずに行かずとも郵便物の有無が確認できます。
ある程度貯まったら一気に受け取ることが出来るため、取り扱い日時が決まった郵便物を扱う場合と相性が良いとされています。
私書箱は個人でも法人でもだれでも使用することが出来、個人の場合は身分が確認できるもの、法人の場合は登記簿などの事業所が分かる書類が必要になります。
私書箱には利用用途によってサイズや利用期間を定めたプランがあり、それらの選択によって利用料金が異なってきます。

TOPICS

  • 私書箱の実施場所

    私書箱のレンタルサービスは民間企業でも実施されていて、以外と実は身近な存在です。街の郵便局でも私書箱はレンタルされていて、大きめの郵便局で見つけることが出来ます。

  • 使用料金

    実施会社によってもプランによっても利用料金は変わってくるものの私書箱を利用するには初期費用やレンタル料、私書箱に入らないサイズの小包が届いた場合の保管料などがかかります。

  • メリット

    私書箱を利用するメリットは個人でもビジネスでもあり、利用すると専用の住所が与えられるため、匿名性が保てるという点で大きく優れています。また大量の郵便物の保管場所としての活用もあります。